フジカラーデジカメプリントをオンライン注文。1枚13円〜。ソフト不要でオンライン注文、ご自宅のポストに届きます。らくらくコンビニ後払い!いつでもキャンペーン実施中!

2011年02月17日

リビング用PC起動

AHCIモードのBlu-rayドライブからインストールということで少し心配でしたが、何事もなくWindows7がインストールできました。
BIOSの設定が標準でAHCIモードになっていたところでうまくいくんじゃねー?って感じでしたが、本当にあっさりかつスピーディに終了。SSDが効いてます。
これで、SATAのオンボードコネクタがシステム用SSD、データ用HDD、Blu-rayドライブ、iRam(テンポラリーファイル用)で満杯に...。これ以上は増やす必要ないけど、いきなりいっぱいになるというのは気分的にはよろしくない。

で、いつも道理Windows エクスペリエンス インデックスをしてみると、
LivingPC.jpg
とSSDの効果が見て取れます。メインマシンにも導入したくなりますが、移行の手間とお金が立ちふさがってます。

今の状態は、基本的なところはインストール終了。LGの23型ワイドディスプレイIPS236V-PNにもドット欠け等ないみたいで、DiXiM Digital TV plusのインストール待ち。
DiXiM Digital TV plusは東芝のRD-X9との連携が目当てでの導入(HAVA TITANIUM HDでは画質面で妥協する必要があるため)なんですが、お試し版がないのでなかなか進んでませんね。
これに決めるの自体も、サイバーリンクのSoftDMAがエアロに対応してないなんて記述を見かけての却下と消去法のみ。
お試し版ではなく対応確認ソフトをメインマシンで確認するとディスプレイが非対応...。新規のLiving用PCでは
チェック.jpg
とCPUがNG。最もこれはCPUのスペック自体がNGではなく、ソフト自体が持っているリストとの照合によるものと思われるので安心してるんですが、なんとなくソフトの作り自体に不安があります。
posted by ぷらっつ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
こんなに違う各社の手数料。。『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!
過去ログ
『価格.com』でカンタン・便利に外貨預金を徹底比較!
ForestLaboratory

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。