フジカラーデジカメプリントをオンライン注文。1枚13円〜。ソフト不要でオンライン注文、ご自宅のポストに届きます。らくらくコンビニ後払い!いつでもキャンペーン実施中!

2009年01月12日

いまさらながら、Gavotte Ramdisk導入

メモリ増量しましたが、ドライバーの関係でVISTAは32bitバージョン。
ということで以前インプレスで話題
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0512/ramdisk.htm
になっていたGavotte Ramdiskを導入しました。
...失敗です。よくよく見ると記事はXPなんですね。で、VISTAのブログを探してみると、ありました。
http://n-mode.ddo.jp/weblog/2008/11/20081119.html
をみながらインストールすると成功です。

コンピュータ

記事を参考に、
FORMAT /FS:NTFS /Q /V:RamDisk /A:512 R:
CHKDSK /L:2048 R:
CACLS R:\ /G BUILTIN\Administrators:F
CACLS R:\ /E /G BUILTIN\Users:F
MKDIR R:\TEMP
MKDIR R:\TMP
MKDIR R:\DESKTOP
MKDIR R:\SPOOL
MKDIR R:\LOG
MKDIR R:\ETC
rdutil R: registry
と管理者権限でコマンドを打って一旦終了。
その後も
※環境変数の変更、とそれに伴うジャンクションを作成。
...成功。
※プリンタのスプールフォルダの変更
...グレイアウトしててできない。失敗。
※Internet Explorerのキャッシュフォルダの変更
...iRAM(Eドライブ)に保存しているので実行しない。
と行って、最後に自分の環境で高速な一時ファイルがあると便利そうな
TMPGEnc MPEG Editor 3
TMPGEnc 4.0 XPress等の動画編集系の一時ファイルをRドライブに変更。

SYSTEMを変更したのでついでにWindows エクスペリエンス インデックスを行ってみると、
パフォーマンス
とディスクのパフォーマンスがあがっていました。ただ、これは今回の変更というよりは、HDDの入れ替えの影響ですね。

で、実際の使用感はTMPGEnc 4.0 XPressが一番体感できます、動画エンコ時のタスク優先度が一段階軽くなっています。今まで、タスクを優先で行っていると、本当にエンコにかかりっきりでかなりしないとシステムの応答が無かったのですが、変更後は一息待つだけで応答してくれます。これで昼間とかPCを使う場合でも、優先で作業ができます。
posted by ぷらっつ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

再びライセンス認証

OSの起動HDDが手狭で古くなってきたので、昨日は新規HDDに付け替えた。
SeagateのBarracudaES250GB
から
Seagate Barracuda 7200.11 ST31500341AS (1.5TB SATA300 7200) に変更。

HDDの移行は、
Windows Complete PCを使ってHDDを換装する方法!
http://shopdd.blog51.fc2.com/blog-entry-752.html
を参考にやったのだが、一箇所だけ躓いた。どこかというと、「ディスクをフォーマットし、バックアップを復元します」と出てくるところである。チェックを入れてOKを押しても、HDD容量が足りないといってくるのだ。
BIOSでHDDは認識しているので、物理的な接続はOK。USB接続の復元元HDDに復元しようとしているわけでもないし...。と考えながらBIOSをみていると、HDDのBOOT順が間違っているのを発見。
順番を変えてやると「ディスクをフォーマットし、バックアップを復元します」の先に進み復元が終了しました。

ついでにメモリも増設したので、また電話で夜間にライセンス認証する羽目になりました。(^^;
マイクロソフトさんも年末のこんな夜間にご苦労さんですが、HDD付け替え&メモリ増設にライセンス認証までやるのはめんどくさいですね。こんなとこでもVISTAの評価は落ちるのでしょう。
posted by ぷらっつ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

改装後のWindows エクスペリエンス インデックス

Windows エクスペリエンス インデックスをやってみました。
55.jpg
プロセッサ 5.0→5.5
メモリ 5.0→5.9
グラフィックス 5.9→5.9
ゲーム用グラフィックス 5.7→5.5
プライマリハードディスク 5.5→5.8
とゲーム用グラフィックス以外は向上しました。

まあそれだけなんですが...。
posted by ぷらっつ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

Windows Vistaクリーンインストールとデータ復旧

復旧完了と思っていたら思わぬところでへましてました。

というのも、Windows Vistaのアップグレード版をクリーンインストールする方法
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070201_vista_upgrade_clean_install/
なんかを見てクリーンインストール(今度は32ビット版です)したんだけど、うまく動くのに満足して、評価版のまま環境構築してました...。
3日後に、「後27日で利用期限が切れます。」のメッセージが出てきまして気がついたしだい。
一応そのままアップグレード版のキーを入れたものの、もちろんVISTAに拒絶。もう一度インストールしましたよ、結局ね。
まあインストール自体はもう一度行う必要があったものの、アップデートやらドライバーのインストールは余分にもう一度やる羽目になりました。

で、システム復旧後の最後の問題は、データの復旧。一応オリジナルなデジカメデータ(2ヶ月間はバックアップ漏れ)やホームビデオのデータ(編集済みのみ)はバックアップしていたので万が一の状態になっていても被害は少ないのですが、サルベージできるものはしたいので実行。
今回のシステム崩壊をはじめは単なるシステムディスクのクラッシュと思っていたので、何度かCDブートのLinuxで起動してディスク内容を確認していたので、逆に不安でしたが、一度目は認識成功。
デジカメデータとオリジナルのエブリオデータ、エンコード済みのビデオデータ、自作ソフトのコードを救出。しかしここでHDDの容量がMAXになる。
一度EPIAそのほかのストレージにデータを逃がした後再度HDDを確認すると...認識しなくなりました。(^^;
一度システム落としたのがまずかったのかもしれません。しかしもう後の祭り...。
ドライブは見えるものの何にもない(容量すら)状態です。
とりあえず壊れたHDDに残ったデータを推測してみると。
CDからエンコードしたWMAデータ(オリジナルCDあり再構築可能)、確定申告の提出データ(紙ベースの控え等あり、再構築不要)、オンラインソフトのデータ(大半はネット上にあり)、あたりがある。
システムを入れていたHDDにあったデータで消えたのはソフトの設定データ(再構築可能)、ゲームのセーブデータ(再構築する気力なし)あたりかな。
と考えると、消えたのは時間さえあれば復活するデータのみ。

しかし、時間が有限である以上復旧を試みてみる、手持ちの
FINALDATA フォトリカバリー2006で該当ドライブを見ると「ドライブが開けません。」と無常なメッセージ。
データ復旧R for NTFS βを起動してみると、ドライブを選択しようにもすべてのドライブが見えない。
undelete_plusは正常なドライブは見えるが復旧したいドライブは見えない状態。
最後にFINALDATA フォトリカバリー2006と同じっぽくてだめもとですが、FINALDATA2007 特別復元版 試供版...やっぱりだめでした。

これで諦めがついたので、ソフトの設定に移行かな?
posted by ぷらっつ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iRAM第四スロット不調

実はシステム再設定中に、iRAMのドライブエラーが頻発してました。

今回のシステム変更に伴い、iRAMのメモリ容量は3.5GBに拡張されたのですが、拡張したとたんの不調です。
ネットで見てみると、iRAMのバッテリーをはずすと安定とか、特定のメモリスロットが不調とかの書き込みを発見。とりあえず簡単に検証できるメモリスロットの異常を確認してみると...、いきなりビンゴでした。
第四スロットに差し込まれた512MBのメモリをはずすと、今までの不調がうそのように快調に変身です。

外した512MBのメモリは、以前から使っていたもの(今回のクラッシュしたマシンのメインメモリではない)なのでメモリ自体は疑わないことにしてiRAMのトラブルからの回復は終了。
posted by ぷらっつ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

ほぼ復旧

結局のところ電源は白でした。まあそろそろ容量不足も怪しい(iRAMにメモリが4枚だしね)ので良しとしますが追加で、
CPU :AMD Athlon64 X2 4400+ 2.2GHz 1MBx2
→Intel Core 2 Duo E8200 2.66GHz 6MB LGA775 BOX
メモリ :サムソンオリジナル PC3200 (Dual動作)
→Transcend JM2GDDR2-8K(Dual動作)
MB :MSI K8N Neo4 Platinum
→P5E−VM HDMI
を変更。電源とHDDも変えたので、DVDドライブとケースがあれば一台組める状況...。思っていないタイミングでの出費だったので悲しい限りです。
さてあとは残りのソフトを入れないといけないわけですが覚書を。

インストール時に詰まった点は、iRAMがIDEでしか認識しないところ。最初BIOSのセッティングで、SATAのモードをIDEからAHCIにしたのだ。しかし、これが失敗で起動時にiRAMを認識しない。
Windowsが立ち上がれば、ドライブ自体は認識するもの、フォーマットすら完了できず。結局BIOSの設定をデフォルトにして、再インストールしちゃいました。
iRAMは当分使うはずなので、次回の更新時には何らかの方法を考えないといけないかも。
posted by ぷらっつ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

復旧断念!?

VISTAが沈黙してはや10日余り。
最初はLINUXをCDから起動できたのでシステムのHDDの故障と推定。HDDを購入し、新規HDDにW2Kのインストールがすんだのですが、インストールしたウィンドウズのアップデート中に再び沈黙してました。離れていたので状況は不明ですが、ケースを開けて電源を入れるも一瞬電源が入り、その後CPUクーラーともども動かない状態。

ネットを見ると、CMOSクリアすると治るかもみたいなことが書いてあったのでやってみましたが、状況は変わりません。
BIOS画面までも行かないので、見通しを電源がなくなる前にHDDを道ずれにした変更。

日曜日に更に新規電源を購入し、載せ変えました。
しかし、起動せず...。(^^;

となるとマザーボード辺りが怪しいことになる。(USBには通電してるから。そういえば電源を変える前にUSB等の通電状況は見ていない...。)
で、これ以上の追求をあきらめマザーボード、CPU、メモリを一括変更になりました。
特に予定していなかったので、今のメインストリームから確認してますが、今度はインテルで固めちゃおうかな。

結局復旧というよりは、PCの更新になっちゃってます。今はEPIA君がメインマシンに格上げされましたが、さすがにパワー不足です。
posted by ぷらっつ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

vista沈黙

1/16日帰宅後PCが起動しなくなっていた。
最終作業は動画のWMVへのバッチエンコード。
起動してみた状況は、プログレスバーが伸びる状態のあと一瞬ブルースクリーンが表示され再起動するというもの。で、セーフモードでも起動できないとなると、HDDのクラッシュによるシステム破壊っぽい。

こういうときのための1CD LinuxというわけでSlaxのCDを入れ起動。
起動成功!ドライブも全て見える。これで、ハード的な問題の可能性は減ったわけだし救えないデータも無い。(もともとオリジナルデータは、物理的に分離したドライブだから問題なし)さてネットに接続をと思うも...接続不可!(^^;
そういえば、ネット接続の確認は行ってなかった気がする、と思いながらシャットダウン。

アドエスやEPIAやNotePCでネットにアクセスもできるが、気分を落ち着けるためVISTAのCDを探してそっちで起動。...のろいです。起動にかなりの時間がかかるので、小説を読んでましたが、とりあえず
Windows がまったく起動しない場合に試みるオプション他
http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/f768809f-ed90-415f-a83f-89b42108b3551041.mspx
http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/2b3724d1-f4ad-5b26-16dc-3e9e66f4be5e1041.mspx
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/deploy/winpe.mspx
http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/9f6d755a-74bb-4a7d-a625-d762dd8e79e51041.mspx
http://www.center-left.com/blog/archives/2006/10/windows_vistacomplete_pc.html
に書いてあるようなことをやるも失敗。
これで、復旧は持ち越しですな。
posted by ぷらっつ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

USBメモリ選択

職場でUSBメモリを使う機会が時々出てきたので、個人のものを買おうかと物色している。
単純なUSBメモリをいまさら買うのは、敗北した感じでいやなので、何らかの付加価値を求めてます。探してみると、+αできる機能としては、ReadyBoost、LINUX起動用(BOOTPLUG)、MP3プレーヤー、カードリーダー辺り。

ただ、ReadyBoostを付加すると、携帯し職場で利用するという本来の目的から外れてしまう。(職場のPCはXPなので、ReadyBoostを使うとなると自宅のデスクトップPCに接続するため意味ないし)また、BOOTPLUG
http://www.cramworks.com/prod/bootplug/
は、実際にUSBメモリとして使えるかサイトではわからなかったし、USBメモリとして使えても容量が少なすぎる。
となるとMP3プレーヤーかカードリーダーになる。MP3プレーヤーを選択するメリットとしては、普段MP3プレーヤーとしても使っているAdvanced/W-ZERO3[es]の電池のもちが伸びる。FMラジオとしても使える、といったところ。
また、カードリーダ
Panasonic SD/SDHC/microSDカード用USB2.0リーダーライター BN-SDCKP3Panasonic SD/SDHC/microSDカード用USB2.0リーダーライター BN-SDCKP3

松下電器産業 2007-03-17
売り上げランキング : 637

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なら今までのSDカード関係の資産を利用できる、というのがメリットだ。ただ、カードリーダーは、予備のSDカードを使うことになるので、容量が少ない(空は256MB)。投資金額は低いんだけど...。

で、容量もある程度必要という事でMP3プレーヤーに限定して調べてみると、USB端子が内蔵されているYP-U3 [4GB]
http://directshop.samsung.co.jp/product/viewCorp.jsp?prdItmId=1655
が候補に挙がってくる。というか2GBover&キャップレスだと他に候補がないというのが実際のところ。
MP3プレーヤーとは少し違うがボイスレコーダを見てみると、サンヨーのICR-PS285RM
SANYO デジタルボイスレコーダー「xacti」 (グレー) ICR-PS285RM(H)
SANYO デジタルボイスレコーダー「xacti」 (グレー) ICR-PS285RM(H)
おすすめ平均
stars良い機種です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

が魅力的。問題はYP-U3 [4GB]に比べると容量が半分なのに価格が倍更に重いしFMラジオがないと問題点も多い。ボイスレコーダメインならICR-PS285RMを買い、だろうけど今回はそうではないので結局YP-U3 [4GB]かな?
今のところボイスレコーダーはおまけ的な扱いでも問題ないからね。

ただこの機種ってメーカ直販オンリーみたいで、情報がいまひとつ確認できないのと立て続けにキャンペーンを張っているのが気にかかる。新製品が出るだけなら我慢できるけど、他に何か理由があるのだろうか?
posted by ぷらっつ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(1) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

64ビット版Vista用ドライバー

今頃、プリンターのフジXerox DocuPrint C525 Aに64ビット版Vistaのドライバー
http://download.fujixerox.co.jp/defacto/winvista/x64/winv64_colorlaser.html
が出ているのに気が付いた。とりあえずVirtualPC上から印刷できていたので気にしていなかったのだが、これでスマートに印刷できるようになった。
あとはスキャナだけど、こっちは登場を期待するのがちょっと厳しい感じ...。エプソンのスキャナ製品は、すでにある程度64ビット版Vistaのドライバーが出ている
http://www.epson.jp/support/taiou/os/scanner_vista.htm
のに、今使っているGT-8200UFにはいまだ出てきていないからだ。
したがって、しばらくスキャナは放置かな?と思ったけど、リビングにあるEPIA(WinXP)に接続すれば問題ないのに気が付いた。そうすれば、読み込んだデータをネットワーク越しに見たり、専用ボタンでコピー用のアプリ起動もできたはず...。
さて、そうなるとスキャナのおき場所をリビングに変更する必要があるわけだな。
posted by ぷらっつ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ライセンス認証

今日起動すると、ライセンス認証のウィザードが出てきた。
特にハードウエアの変更をしたわけではないので、何でこのタイミングで出てくるの?って感じで入力したんだけど、はじかれました...。

電話でサポートに連絡をなんて出てきたので、
ライセンス
夜中の2時だけどフリーダイアルに電話。
こんな時間でもやってました。しかも1コールでつながり、さすがマイクロソフト。

2,3現在の状況を聞かれた後、無事に確認IDをもらい
ライセンス認証
事なきを得ましたが、いきなりライセンス認証なんかが出てくるのは、気持ち悪いですね。
今回のライセンス認証、心当たりといえばここ数日シャットダウン時に自動更新のインストールがあっただけ何だけど、どこに原因があったのだろうか?
posted by ぷらっつ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

NX8600GT-T2D256EZ取り付け

MSIのNX8600GT-T2D256EZ
http://www.msi-computer.co.jp/product/vga/NX8600GT-T2D256EZ.html
を買ったので取り付け。
ASUSTEKのSilencer/TD/256MB
http://www.asus.co.jp/products4.aspx?l1=2&l2=6&l3=139&model=522&modelmenu=1
からの取替えだ。GPUは一世代以上空けて更新という線引きをしているので、一応予定通りの更新となる。

装着はPCI Expressにあるリテンション(?)部分
リテンション
のとりはずしに苦労したものの成功。
以前
EN6600.JPG
と違い
NX8600GT.JPG
写真のとおり、スロットをひとつ余分に取るようになるのは残念。
しかし、Windows エクスペリエンス インデックス
NX8600GT-T2D256EZ.jpg
で、Aeroのデスクトップパフォーマンスが3.8→5.9
、ゲーム用グラフィックが3.7→5.7と2ポイント増加してるので仕方がないと納得しよう。ファンレスでなければ、1スロットの製品もあるのだろうけど、稼動部分と騒音はなるべく少なくしたいですからね。
posted by ぷらっつ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

i-RAMでのReadyBoostやめました。

先日設定したReadyBoostですが、休止状態から復帰したときになんとなく見てみると、ReadyBoostの利用ファイルが(断りもなく)見事に消えてました。(^^;
次にシャットダウンを行って状況を再確認すると、問題なく残っている。しかしシャットダウンした翌日に起動してみると...また消えている。
という感じで安定感に欠けるi-RAMのダイナミックディスクによるReadyBoost。電源オンしたときにReadyBoost用のメモリにあるキャッシュが前回のまま存在しているかどうか、そもそもReadyBoostがONかどうかわからないのは致命的...。USBメモリだとこういったことにはならないのかなー。

さて、USBのMO接続で、システムからReadyBoostのお誘いがあったのを発端とした今回の件。よくよく考えると、HDD自体にキャッシュがありOSもIOキャッシュをメインメモリに確保しているわけだから、ReadyBoostでまったく新規にHDDに対するキャッシュメモリができるわけではない。IOキャッシュの仕組みは、理解してないけどReadyBoostはHDDにとってリードオンリーの2次キャッシュ。そうすると、当然効果は限定的なもの。いろんなサイトを見ても、メインメモリが512MBなら体感速度で効果あり、みたいなものが多く自機のメインメモリ2GBでは、あまり意味がないみたい。まあこれは、ReadyBoostに使うインターフェイスがUSBとSATAと速度差があるので、割り引いて考える必要もあるが、実際にやって見ても効果は感じられない。メインメモリが2GBあるとReadyBoostにももっと容量がないと効果はない、ということなのだろう。実際のところメインメモリの2倍が推奨らしいしね。
i-RAM持っている人ならマシンのメインメモリは潤沢なはずなので、i-RAMをReadyBoostに用いるというのは、的外れなのかも知れない。

そうなると、せっかくの1.5GB搭載i-RAMには、もっと有効な利用法をあてがってやりたくなる。仮想メモリに全部割り当ててもそれほど効果なかったので、やはり各種ソフトのキャッシュやテンポラリーファイルに必要分だけ割り当て、残りを仮想メモリというのがいいのかも知れない。(仮想メモリにこだわるのはMSI
K8N NEO4-PLATIUMにSATAが2系統ありその片方(遅いほう)を独占しているから、少量のメモリでも分散効果があるはずと思っている。)
で、ファイルのダウンロード先と圧縮ファイルの展開先をi-RAMへ設定というのは今までやったことがあり、体感速度の向上があったので当確。次はプラウザキャッシュの設定。IEは設定画面であっさりできるのだけど、FireFoxのキャッシュの設定でつまずく。検索して、
http://www.mozilla-japan.org/support/firefox/tips#oth-cache
を変更...。いまひとつうまくいかないので、アドオン「Edit Config Files」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/08/22/editconfig.html
をインストールしてやり直し。保存時に文字コードをUTF-8にしFireFoxを再起動してやっと成功。
BlackJumboDogを入れて、IEとFireFoxのキャッシュを共通化なんてのも考えたりもしたけれど、BlackJumboDogをいれて設定を変えたときのネットワーク関係の影響範囲が不明瞭。しかも、IEとFireFOXの二重にキャッシュの容量自体が低い。(IEでないと作業できない場合以外はFireFoxなのでキャッシュが二重になっている可能性は低い。なのでBlackJumboDogのインストールは保留。

後は、VirtualPCの設定ファイル等(ヴァーチャルディスク以外)をi-RAM上に移動してみた。
ダウンロード用とTMPGEnc 4.0 XPressのテンポラリーファイルに0.5GB程度はおいておきたいので仮想メモリは0.5GBと少なめにしてみた。
他に設定を変えて効果がありそうなのは、GOOGLE関係のキャッシュだけど利用頻度と必要容量を考えると、疑問が残るのでこれは除外。
Google関係は、2ndHDDに移動しシステムHDDへの負担を軽くして設定終了しました。

i-RAMに移動した中で期待していた、VirtualPC設定ファイル等は、実のところ思ったほど効果がなかった。VirtualPCの立ち上げ時とかの状態の読み込み、状態保存っていうのに係るものはウエイト占めていない模様、もっときびきび立ち上がるかと思った。(^^;
しばらくは、ReadyBoostを外しこの設定で行くことにする。これなら、仮に体感速度が上がらなくてもHDDの負荷低減には貢献するからね。
posted by ぷらっつ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

i-RAMによるReadyBoost

先日届いたDynaMO 1300LTですが、接続してみると
MoReadyBoost


とReadyBoostしませんか?とお誘いが。
しかし、どう考えてもHDDの速度には勝てないし、騒音も出るのに何を言ってんだVISTAは!なんて思ったもののためしに選択してみると、
mo


やっぱりできません。こんなのが出るなんてだめじゃん、と思ったものの、ふとUSB接続のMOでReadyBoostが出るということは、i-RAMもUSB接続にすれば、ReadyBoostできるのでは?なんて考えました。
USB-SATAの変換ケーブル
http://www.timely.ne.jp/item/page/UD-500SA.html
は存在しているので購入前にi-RAMとReadyBoostで検索検索。

...ありました。やっぱりネットは便利なもの。(^^
http://blog.so-net.ne.jp/kenlan21/archive/20070207
...ん?USB-SATAの変換ケーブル利用してのUSB接続でなく、SATAのままダイナミックディスクにするだけ??
早速実行。
ok!


あっさり成功。
1GB


今までテンポラリーファイルを作成していたので念のため1GB作成してみました。これでUSBメモリによるReadyBoostとは段違いの性能が手に入った?

とりあえずi-RAMの利用はReadyBoostメインに変更です。
posted by ぷらっつ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ForceWare 100.65

NVIDIAのGeForce 6/7/8用ForceWare 100.65が出ていたのでアップデート。
64ビット版Vistaの正式版ドライバーだ。前にやったパフォーマンスの計測してみると。
コンマ1アップ
コンマ1ポイントアップしました。(^^
誤差の範囲ともいえますがさすが正式版。けどもっと早く正式版出してほしいし、ドライバーの機能もXPとかと同等のものにしてくれ!
posted by ぷらっつ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

Vista(64ビット)はVirtualPC必須?!

Vistaで困っていることといえば、当初予定よりさんざん遅れたくせに、ドライバーがいまひとつそろっていないことです。
そのVista対応のドライバーなのですが、スキャナ(GT-8200UF)
http://www.epson.jp/support/taiou/os/scanner_vista.htm
とプリンタ(フジXerox DocuPrint C525 A)
http://download.fujixerox.co.jp/defacto/winvista/x64/winv64_colorlaser.html
とSCSIカード(MO接続に利用してた)
http://www.rexpccard.co.jp/info/announce/2007/0126.html
がいまだに出てこない。そのためスキャナはお休み中でプリンターはVirtualPC経由での印刷、SCSIカードにいたってはいまだ旧マシン(お蔵入り)に接続という具合。
この中で一番利用頻度の高いプリンタは、VirtualPCのネットワークプリンタとして機能するというのを知っていたのでVistaに乗り換えたのだが、実際に設定して印刷できちゃうと少し感心しちゃいますね。

で、Vista対応ドライバーなのだが、前述の三種のものは開発中らしい。ただし、SCSIは有償だ...。仕方ないのでDynaMO 1300LT Photohttp://jp.fujitsu.com/platform/storage/components/mo/archive/dynamo1300ltphoto/
Fujitsu DynaMO 1300LT PhotoFujitsu DynaMO 1300LT Photo

富士通 2004-09-30
売り上げランキング : 42679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を買っちゃいました。いまさらMOって感じもするけど、信頼性という面では抜きん出ているのでMOの普及している日本ではサポートにしろハードにしろなくなる事はないだろうという読みです。(販売の終了に対する在庫いっそうセール中だ!)

それはそうと、まだこの三つは対応予定があるだけましで、キャプチャーカードWinDVR PCI NewEditionはドライバー出ないよなとあきらめてます。(^^;
搭載チップのConexant「FUSION 878A」辺りの汎用ドライバーならでるかも...と淡い期待は持っているのですけどあんまり使わないし今度PCの筐体をあけたら取り外そうかなー。
posted by ぷらっつ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

Virtual PC で印刷

Virtual PC 2004がVistaにインストールできなかったので仕方なくVirtual PC 2007をインストール。まだ正式バージョンでないためちょっとためらわれるが、Vistaを導入した以上W2K環境をVirtual PC上に構築しないといけない。なぜなら、
http://download.fujixerox.co.jp/defacto/winvista/x64/winv64_colorlaser.html
によるとDocuPrint C525 AのWindows VistaTM 64ビット版の対応状況は、対応予定と正式対応していないからだ。

で、Virtual PC 2004で作成した仮想マシン(.vmcファイル)をVirtual PC 2007に取り込もうとするもエラー。
ググって見ると、
http://blog.motdotnet.com/?eid=477010
なんて記事が、
仮想HDDには互換性があるらしい。早速Virtual PC 2004で作ったWin98を取り込んで見ると...成功しました。しかしバージョンアップしようとすると、エラーが。(^^;
Virtual PCで使うディスクをFAT32からNTFSに変換したのがいけなかったのかもしれないが、原因を追求するより新規インストールのほうが早そうなので、新規にインストールすると何事もなく成功しました。

そのあと、いくつかのソフトをセットアップして本命のプリンタを追加。しかし、またまた失敗。ネットワークプリンタにDocuPrint C525 Aが現れないのだ。
ローカルプリンタじゃないよなと思いつつ
no-title
を選択するとTCI/IPのポートが選択できるじゃありませんか。もちろんそれを選択していくと...今度は成功しました。
no-title
(途中IPアドレスの確認でVISTAのプリンタ追加を使用しました。こっちはあっさりネットワーク上のDocuPrint C525 Aを発見、えらいですね。)
ということで、プリントはVirtual PCから行うのだ。fujixeroxから正式対応版が出るまでね。
posted by ぷらっつ at 11:58| Comment(3) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

Vistaインストール後

いくつかのドライバーは自動認識しないで本来の実力をはきしていないうちのメインマシンですが、きのうnVIDIA nForce4 Ultraのドライバーがアップしているのに気が付いたのでインストール。
しかし相変わらずSubで付いているSATAコントローラを認識しない。

で、ググって見るとSilicon Imageからダウンロードしろって感じのサイトが見つかりました...。
で、早速MSI K8N NEO4-PLATIUMのマニュアルからチップセット名を確認すると、Silicon Image SATALink Sil3114CT176 と判明したのでインストール。

さて、Vistaの使用感ですが、デスクトップの描写が早い(Aeroだとね)のがいいところで、何か変更とかしようとする時に出てくる確認メッセージがちょっとうざい。
64ビット版は、ドライバー整備がいまひとつなので、64ビット版ならもう少し後にインストールするほうが楽かなーって感じ。

ちなみに、
CPU :AMD Athlon64 X2 4400+ 2.2GHz 1MBx2
メモリ :サムソンオリジナル PC3200 1024MB CL3(Dual動作)
HDD :SEAGATE ST3250824AS 250GB S-ATA2 8MB
:WD Caviar SE16 WD5000KS (バルク)
MB :MSI K8N NEO4-PLATIUM nVIDIA nForce4 Ultraチップセット
SubSATAコントローラ :Silicon Image SATALink Sil3114CT176
VGA :ASUSTEK EN6600 Silencer/TD/256MB
ドライブ1 :PIONEER DVR-111DSV/MP
の構成でスコアは、no-title
でした。
posted by ぷらっつ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

PowerDirector on Vista

エブリオの16:9の動画編集をやってみました。標準のWindows ムービー メーカーでやってみると、4:3でしか表示不可なのだ、撮影は16:9なんだけど表示形式を16:9にしても両脇が黒のブランク表示で埋められる。表示枠自体は16:9にできるのだが実際の映像は4:3のままだ。表示は、16:9のものが4:3になっているのでちょっと縦長。

これが表示だけの問題で、編集後のファイルに問題なければいいのだがWindows ムービー メーカーを使うなら操作方法もマスターしないといけない。それならと、今まで使っていて操作方法も理解しているPowerDirectorExpressをインストール。動作の軽さとかの関係で、必要十分な機能を持ったエブリオ付属のPowerDirectorExpressをインストールしてみると、...表示がずれる。今度は縦横比は問題ないのだが、表示自体がずれるのだ。仕方ないので、もう一本持っている同ソフトの上位バージョンPowerDirector5をインストールしたら、うまく表示されました。
とりあえず動画編集は、PowerDirector5で形式変換はTMPGEnc4.0 XPressに決定。

で、Windows ムービー メーカーは標準なのでそのままにしておくとして、PowerDirectorExpressをアンインストールしようとすると、アンインストーラー自体がVISTAじゃ動作しないよ!とはねられ動作しないのだ。インストールはできたのに...。(^^;

まあ、悪さをしないんであればHDDの肥やしにしておけばいいだけなんで問題ないんですが、アンインストールしてすっきりしたいです。
何か方法ないのかな?
posted by ぷらっつ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

Microsoft Windows Vista Ultimateインストール

なんとなく物
Microsoft Windows Vista Ultimate アップグレード版
Microsoft Windows Vista Ultimate アップグレード版
おすすめ平均
starsまたかよ、マイクロソフト
stars安定と実効性をまってからでよいか
stars期待できるが、全面的移行は、時期尚早かも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

が届くのは今日だと思っていたので、HDD増設に伴うデータ移行も未処理。で、データ移行してたら、結局VistaをインストールしてUpdateをかけたところで時間切れ。
Windows2000からは新規インストールしかできないので、環境の構築はこれからという事に...。

久々のwindowsインストールだったけど、インストール開始後の壁紙だけの時間ってあんなに長かったかな、ドライブにもアクセスしてない、画面に動きもない状態というのは、不安でした。
posted by ぷらっつ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PC>その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなに違う各社の手数料。。『価格.com』で証券オンライントレード徹底比較!
過去ログ
『価格.com』でカンタン・便利に外貨預金を徹底比較!
ForestLaboratory

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。